それぞれに・・

IMG06647.jpg

大根が大量にやって来た!
おかんは早速「べったら漬け」に
(今漬けると蟹の時期に丁度良く漬け上がります)

IMG06649.jpg
IMG06651.jpg
IMG06652.jpg

15キロを2桶すると腰も背中も痛くなるそうだが
「母ちゃんのお蔭!」と又しても恩を売っている
「母ちゃんが生きてる内に覚えなあかんのや!」と
何時のも口癖(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!
豆っちまで「そうだニャン!」と目で訴えてる

おかん!あなたは多分100歳まで大丈夫です。


IMG06578.jpg

いよいよ今年も登場した
蟹を茹でる円盤鍋!


IMG06582.jpg

今年はこの下の方のガスが付く所を出島荘の親父は
1週間ぐらい掛けて直しました。

IMG06633.jpg

本当はもう15年以上も使っているので
新規にしようと思いましたが 見積もりもらったら35万
部品が在る様であれば部品代金8万円
取り付け代金は2万円

親父はもともと生粋の船乗りマドロスさん
こんな仕事は年期入りのプロ
合計で40万位掛かるのが8万円で済みました。

今度は親父が恩を売り
「俺のお蔭!」だそうです。 「ハイ!ごもっとも」

IMG06631.jpg

漬物漬けが終わるとおかん今度は「こも」を編んでます。

IMG06585.jpg
IMG06589.jpg
IMG06588.jpg

昔、昔その昔
死んだ婆さんのその前の婆さんから使っている道具です。

夏の終わりに刈り入れて乾燥させた「千草」で編み込みます
別名「おかんのワカメ部屋」は乾燥した干し草の良い匂いです。
(アレルギーの人は辛いかも?)

出来上がりは・・・

IMG06587.jpg
IMG06586.jpg

「こも」の出来上がり!
ワカメを干す「こも」です。
来年はこの新しい「こも」でワカメ干しです。
(来年の事言うと鬼笑うね!)

IMG06595.jpg

私は・・
もう3年越しになる刺し子

取りあえず全面刺したけど何か普通?
立体感出すために更に花の部分を一つ結びで止めながら
刺し子始めました。

IMG06596.jpg

隙間無く刺すので花が盛り上がり立体感が出て
良い感じになりそうです。
更に2年は掛かりそうですが(汗)

IMG06593.jpg
IMG06592.jpg

更に
寒くなって畳に引いたボロボロの古布の敷き物
実は京都の骨董市でもう10年位も前に2万円出して買いました。


寒くなって来て畳の上に広げて見たら以外と暖かく
このまま敷きながら追い布をして刺し子しようと思いましたが

IMG06600.jpg
IMG06602.jpg

会った事も無い人ですが布選びが何ともいい感じ
そのままを活かして普通に糸だけで刺して行く事にしました。

IMG06605.jpg
IMG06603.jpg

ガラクタ市で見つけて来た蓋付きの籠
裁縫道具が良い感じに収まって何とも創作意欲を引き立ててくれます。

今日もお天気よさそうです。
今日はお客様の敷布団を冬の羽毛の敷布団に替えたいと思います。
店は暇ですが(まだ言ってる(アッハハ)・・・
少しづつ冬支度
蟹のお客様の準備始めています。


梅雨明けました!

IMG05890.jpg
IMG05888.jpg

IMG05889.jpg

福井県梅雨明け宣言です!
早速おかん梅干しです。

いよいよ夏到来です。

海に熊発見?

DSCF7051.jpg

潜り2日目
1日目は身体慣らしで今日は本格的に
海水は昨日と違って身体を刺すような冷たさ
横には場所間違えたかな?熊が???
出島荘のおかん横から見ると小熊の様です。
(未来の私の姿ですが(泣)

DSCF7050.jpg

おかんの座っている所には青草に混じって「すがも」が生えています。
(近くの海産問屋で2枚で¥2800で売られてました)
「天然の粉わかめ」同様に近年は高価な貴重品となって来ている様です。

DSCF7054.jpg

綺麗なグリーンの眼を持ったイソギンチャク
向かって右側にはウニ(石の下の黒いトゲ解りますか?)
DSCF7055.jpg
DSCF7056.jpg

比較的浅い所ですが小さいサザエが沢山います。
ベテランの海女さんが言うには
今の時期は磯の方に来て卵を産むのだそうです。

さあて今日も行って来ます。
今日はちょっと沖の方へ・・・
海水の温度は今日も低そうです(泣)

ゴット・婆はぶっちぎり!

DSC07314.jpg

出島荘のおかんご自慢の蟹からを肥料にした畑で作った
夏野菜の収穫に入りました。

DSC07325.jpg

出島荘の親父の大好物は「ジャガイモの塩茹」
ご飯より大好きです。
最近知ったのですがゲゲゲの禿婿も大好きな様です
(ますます長生きです。まだまだ居座る気か?)
二人とも採れたてのホクホクしたじゃがいも3.4個は
1度に食べてしまいます。

DSC07319.jpg
DSC07322.jpg

きゅうりは毎日5,6本づつ収穫するので
今年初めて自分でぬか漬けを漬けたり
ネットで調べてきゅうりのきゅうちゃん漬けを作ったりしてます。

私のお蔭といつも恩を売る出島荘のおかん
昨日は60歳越えてから4年に1度のクラス会に・・・
全部合わせても12名だけの同級生(今回は1名欠席)
小学校1年生から6年生までひとクラスのずっと仲良し!
先生も6年間一緒で本当に小さな田舎の小学校の同級生

通知来てから(返事は私でハガキ出すのも私)
カレンダーは大きく2重丸
何が在っても這ってでも行く!

1週間前からはお友達に電話をかけまくり
昨日の最終確認で恩師も来てもらえる事わかり更に最高潮
恩師の先生は92歳?「うひゃー」としか言いようがなく
同級生+恩師に手土産は「もみワカメ」で合計13本
(ありがとうございます!今年「もみワカメ」すべて完売となりました)

夜のおつまみに「ワカメのシンのつくだに」「ネカブの素揚げ」
まだ足らずにご自慢の漬物も持参!
だただた私にすれば「凄い!」の一言

親父も何も言わない!
好きにしてくれ!
「ところで勝子(←おかんの名前)ワカメでいくら儲かったんや?」
と親父が何気なく聞けば(ワカメで入ったお金はすべて婆の懐へ)
「知らない!」の一言それが通るから凄い!

我が道を行く出島荘の!ゴット婆は健在です。





ecoか廃棄利用か?

DSC07123.jpg

昔の使わなくなった戸にもち手を付けて

DSC07131.jpg

障子の桟を利用して土台を作り

DSC07182.jpg
DSC07189.jpg

ワカメを干す台を親父作りました。

この方が屈んで干していくよりも ワカメを干す「こも」も傷まないし
背中も腰も足も痛くなりません。

DSC07108.jpg

使わなくなった網戸を利用して「ねかぶ」の天日干しです。
網戸なので水はけ良くきれいに短時間で乾きます。

ecoか?廃棄物の利用か?と思えば
親父曰く 俺の知恵!だそうです。

DSC07198.jpg

石垣には私の好きな花「どくだみ草」が白い可憐な花咲かせてます。
忙しい中ホッとさせてくれる夏の訪れを告げる山野草です。
暑い夏はそこまで来ています。

そうそう・・・
ゲゲゲの禿婿はまだ家におります。
忙しすきて夏までにはどうにかしようと思っていましたが無理な様です。

あの暑苦しい禿頭を今年の夏も見て過ごす事になりそうです(泣)